特定非営利活動法人「ポロニア・ネットワ−ク」定款 抜粋

第1章 総則
(名称)
 第1条 この法人は、特定非営利活動法人ポロニア・ネットワ−クという。

(事務所)

 第2条 この法人は、事務所を千葉県八千代市大和田新田469番地88に置く。

第2章 目的及び事業

(目的)

 第3条  この法人は、各地域社会の音楽文化向上のためのコンサ−ト活動並びに
     音楽ボランティア活動を通じて地域社会に貢献し、また、音楽指導者の
     質の向上をはかることにより、地域社会に寄与することを目的とする。


(特定非営利活動の種類)
 第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利
     活動を行う。

(1)学術、文化、芸術又はスポ−ツの振興を図る活動

(事業の種類)
 第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)特定非営利活動に係る事業
         @地域の音楽文化の向上をはかるためのコンサ−ト、音楽イベントの
       企画開催、及び演奏旅行の実施

         A音楽ボランティア活動
        B音楽指導者のための各種講座・公開レッスン・研究会及び勉強会な
       どの開催
         C楽譜及び音楽関係書籍、ビデオ・CD・DVDなどの製作及び普及活動
         D音楽文化発展のための広報活動事業として情報紙の発行及び、
       ホ−ムペ−ジによる啓発活動 

第3章 会員
(種別)
 第6条 この法人の会員は、次の1種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法
     (平成10年法律第7号。以下「法」という。)上の社員とする。
 (1) 正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体 

(入会)

第7条 会員の入会については、特に条件を定めない。
  2  会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、
    理事長に申し込むものとし、理事長は、正当な理由がない限り、入会を認め
    なければならない。
  3 理事長は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した
    書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)
 第8条 会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければなら
    ない。

(会員の資格の喪失)
 第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。     (1)退会届の提出をしたとき。
    (2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。
      (3)継続して、2年以上会費を滞納したとき。
    (4)除名されたとき。

(退会)
第10条 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会する
     ことができる。

(除名)
第11条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これ
     を除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の
     機会を与えなければならない。

    (1)法令又はこの法人の定款及び規則に違反したとき。
    (2)この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(拠出金品の不返還)
第12条 既に納入した入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

第4章 役員
(種別及び定数)
第13条 この法人に、次の役員を置く。
 (1) 理事   3人以上10人以下
 () 監事   1人
 () 監事   1人
 2 理事のうち1人を理事長、2人を副理事長とする。

(選任等)
第14条 理事及び監事は、総会において選任する。
 2 理事長及び副理事長は、理事の互選とする。
  3 役員のうちには、それぞれの役員について、その配偶者若しくは3親等以内の
   親族が1人を超えて含まれ、又は当該役員並びにその配偶者及び3親等以内の
   親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。

  4 法第20条各号のいずれかに該当する者は、役員になることができない。
  5 監事は、理事又はこの法人の職員を兼ねることができない。

第5章 総会
(種別)

第20条 この法人の総会は、通常総会及び臨時総会の2種とする。

(構成)
第21条 総会は、正会員をもって構成する。

(権能)
第22条 総会は、以下の事項について議決する。
  (1)定款の変更

  (2)解散

  (3)合併

  (4)事業計画及び収支予算並びにその変更

  (5)事業報告及び収支決算

  (6)役員の選任又は解任、職務及び報酬

  (7)入会金及び会費の額
  (8)借入金(その事業年度内の収入をもって償還する短期借入金を除く。
     第49条において同じ。)その他新たな義務の負担及び権利の放棄

  (9)事務局の組織及び運営
 (10)その他運営に関する重要事項

(開催)
第23条 通常総会は、毎事業年度1回開催する。
  2 臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
  (1)理事会が必要と認め招集の請求をしたとき。
  (2)正会員総数の5分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面を
     もって招集の請求があったとき。

  (3)第15条第4項第4号の規定により、監事から招集があったとき。

(招集)
第24条 総会は、前条第2項第3号の場合を除き、理事長が招集する。
  2 理事長は、前条第2項第1号及び第2号の規定による請求があったときは、
   その日から30日以内に臨時総会を招集しなければならない。

  3 総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面
   をもって、開催の日の少なくとも5日前までに通知しなければならない。

(事業年度)
第48条 この法人の事業年度は、毎年1月1日に始まり、同年12月31日に
   終わる。


 附 則
 1 この定款は、この法人の成立の日から施行する。
 2 この法人の設立当初の役員は、第14条第1項及び第2項の規定にかかわら
   ず、次に掲げる者とする。

   理事長   川田 寛子
     副理事長  菊池 絹江 
    同    升谷 奈保

     理 事   石原 弘枝
      同    臼居 すみれ
    同    金田 恵美子

    同    M村 志津子

    
同    山本 悦子
    同    渡邉 多佳子

     監事    川田 史郎