三味線は16世紀に中国から大阪の堺港にやってきました。(沖縄を通じてという説も
あります)
その時やってきた三味線の祖先は三弦(サンション)といって蛇の皮が張られています。
その楽器を琵琶を弾いて活躍していた琵琶法師が拾い改良し、江戸時代にはほぼ現在
の形になりました。
三味線は胴、棹、海老尾または天神(頭)の3つの部分に分かれています。
材として胴には花梨、棹には紅木(さつき)などの木が使われ、胴皮には猫、犬の皮が
使われています。弦は絹糸などで、棹は3つに分解出来ます。三味線の特徴の1つに
サワリという三味線独特のビ−ンという残響装置がついています。一の糸以外は上駒
という部分にのっていますが、一の糸のみ棹に直接ふれているため響鳴してビ−ンとい
う音色になります。
三味線は基本的な構造は同じでもジャンルによって棹の太さ、駒、弦の大きさ、種類な
どが異なります。

細棹−−長唄、端唄、うた沢、小唄、河東節、荻江節など
中棹−−地唄、常磐津、清元節、新内節、一中節、宮薗節
太棹−−人形浄瑠璃、義太夫節、津軽三味線

奏法は右手は基本的に撥で弾いたり(弦楽器的要素)、叩いたり(打楽器的要素)、
爪で弾いたりします。左手の指で勘所(ポジション)をおさえ音程を決めます。調弦は
主に開放弦を定めます。三味線音楽には様々な日本の伝統音楽が生きづいています
どうぞこれを機にいろいろな芸能にふれてみて下さい。(鮎沢京吾記)

三味線