信愛病院
  土曜コンサ−ト

2005年8月27日(土)
 
清瀬市にある信愛病院の「土曜コンサ−ト」
で初めて演奏させていただきました。
参加メンバ−はソプラノ上村多美子さんと
ピアノ連弾の“でゅお・ぽんかん”の姉妹です。
家族会員の中学生姉妹ぽんかんの二人は
ぜひともボランティア活動に参加したいと
ご本人達から自発的に申し出てくださり、
連弾も全曲暗譜で演奏するというほど
頑張ってくださいました。

プログラム
★ソプラノ独唱
 シュ−ベルト「セレナ−ド」
 クルティス「忘れな草」
 ブラ−ムス「ワルツ」

★ピアノ連弾
 モ−ツァルト
  「アイネ・クライネ・ナッハト・ムジ−ク」
 のみの歌
 サンサ−ンス「白鳥」
 リスト「祝典ポロネ−ズ」
 リムスキ−・コルサコフ
    「ナポリの歌」

 チャイコフスキ−「花のワルツ」

4階の病棟と1階のロビ−と
二カ所で演奏しました。
キリスト教の病院なので
雰囲気が普通の病院と異なり
植物が多く配置され、祭壇が
あるなど、優しい空気の中にも厳かな気配が感じられました。

この病院では毎週「土曜コンサ−ト」として様々な方々がボランティアで音楽演奏、舞踊など患者さんやそのご家族の方々に楽しい一時を共に過ごせるような活動をしていらっしゃいます。

そしてそのコンサ−トを手助けするサポ−トの方々もお手伝いなさって、地域ぐるみでの協力、そしてキリスト教の奉仕の心がよく現れていて、気持ち良く参加させていただくことが出来ました。