第15回「音楽の花束」盛会にて開催

7月28日、空模様のはっきりしない蒸し暑い日、恒例のコンソート・ポウローニアの
第15回「音楽の花束」がすみだトリフォニーホールで行われました。

今回はお子様とご家族で楽しんでいただけるようにという企画の第1部は
「くるみ割り人形」を演奏しました。
歌、ピアノ、フルート、クラリネット、ヴィオラ、パーカッション、特別出演として会員の生徒さん姉妹がトランペットの演奏でご参加くださいました。

またナレーターのお二人もダンス・パフォーマンスと、舞台狭しと動き回って
盛り上げてくださいました。

映像・照明なども加えて飽きない1時間だったようです。
くるみ割り人形の演奏後、客席のお子さんたちに舞台に上がっていただき
みんなでリズム楽器を使って曲中の「行進曲」を一緒に演奏していただきました。
とても楽しかったようでした。


7時から開演となりました第2部は今回は「ロシア・東欧の響き」と題して行いました。

演奏曲目は
ソプラノ/ドヴォルザーク・歌曲集「ジプシーの歌」
ヴァイオリン/チャイコフスキー・「懐かしい土地の思い出」
デュオピアノ/ラフマニノフ・組曲第2番より
ヤナーチェク/ピアノソナタ「1905年10月1日街頭にて」
ヴァイオリン/バルトーク・ラプソディ
ヂュオピアノ/ムソルグスキー「展覧会の絵」

会場で東日本大震災の義援金の募金を行いました。
集まりました募金は日本赤十字社を通じて義援金として募金をさせていただきました。
ご協力いただきました皆様、誠lにありがとうございました。