この活動は1997年、桐朋学園短期大学部音楽専攻同窓会「桐の音」の
活動の一環として発足し、7年間にわたり任意団体として活動を展開して
来ました。

 2004年活動を広げ特定非営利活動法人(NPO法人)として設立する
にあたり、同窓会活動から分離し、新たに同校卒業生有志を中心とする
「特定非営利活動法人ポロニア・ネットワ−ク」として発足することと
なりました。

 この活動は、『音楽の生涯にわたり勉強を続けていくために、楽しく
学び、有意義な体験をし、また多くの共感する人々と知り合い、互いに
励まし合ながら活動する事』を目的としています。一人では勉強する機
会のない音楽的体験も手を携えて実行出来ます。更に会員の希望・要望
により独自の企画を立て、桐朋、その他の諸先生方の温かいご支援を得
て実現させる事が可能な、恵まれた環境の団体です。

  

主旨にご賛同下さる方はどなたでも
ご入会いただけます


1,
会員は音楽大学卒業者が中心ですが、専門的な勉強をしていらっし
  ゃらない方でも真面目に音楽の勉強を続ける意欲のある方、大歓迎
  です。
2,音楽を聴く事がお好きな愛好家の方々も入会出来ますので、講座を
  聴講されたり、コンサ−トをお聴きいただく事が出来ます。
3,賛助会員は直接活動に参加なさらない方でも、活動の主旨にご賛同
  いただける方は賛助会員として1口1000円ですが、3口以上の方
  は特典がございます。
4,団体会員は団体の代表者が入会されますとメンバ−の方は講座の聴
  講は出来ますが、受講・演奏会出演は団体でのみ参加となります。




 
動は大きくわけて

@講座等の開催(公開講座・公開レッスン・研究会等の開催)

A演奏活動(コンサ−ト『コンソ−ト・ポウロ−ニアという名称』
      ・勉強会・演奏旅行の開催)
B音楽ボランティア活動の実施
C音楽関係イベントの開催
D情報紙の発行
  情報紙は@〜Cの活動の案内・参加者の声、会員相互の情報交換
  などを編集し、年4回発行し、会員へ郵送するものです。


◆各活動の内容◆
ホ−ムペ−ジ「講座」ペ−ジを開きますと、
「予定一覧」には今後の予定が、また
「報告」では各活動の様子がお分かりいただけるようになっておりますので、そちらをご覧下さい。

★ 講座★
公開講座、公開レッスン、研究会(教材・アンアサンブル)で構成されております。それ以前の講座の中では「演奏学セミナ−」としてモ−ツァルトの初期ソナタに焦点をあて時代背景、ピアノの変遷などを踏まえての演奏学についての講座、ワルシャワ国立ショパンアカデミ−前学長、カジミエシ・ギエルジョ−ド教授によるショパンピアノ曲の公開レッスンも好評をはくしました。
今後、斎藤雅広先生による「ピアノリハビリ講座」、ラファエル・ゲ−ラ先生による「ピアノデュオ講座」は継続的に開催予定でおります。

「教材研究会」は、ピアノ指導者にとって重要な問題である子供向けのピアノ指導教材に関する研究会です。以前とは比較にならない程多くの教材が出版されている中で、新しい教材をどのように取り入れて指導するか、現代感覚の生徒を指導するにはどうしたら良いか、生徒を音楽好きにするにはどのような内容のレッスンを展開したら良いか、など時には講師を交えて話し合い、指導法を研究しています。
   
「アンサンブル研究会」は様々な楽器とのアンサンブル、歌の伴奏など一人では演奏出来ない音楽の勉強を楽しみながらいたします。また二重唱・三重唱など声楽アンサンブルも取り入れて企画しております。



★コンサ−ト活動★
コンサ−ト活動には「コンソ−ト・ポウロ−ニア」と称する会員によるコンサ−トが年1,2回開催しております。「コンソ−ト」は「コンサ−ト」の古語です。
その他に「勉強会」として年4回の会が行われています。この勉強会は日頃の練習の成果を仲間の前で発表する場ですが、その他に演奏会の前に試演する人、人前で演奏する訓練の場にする人など参加目的は様々です。
演奏旅行も不定期に行っております。


   

■主旨にご賛同下さる方はどなたでもご入会いただけます。
■年会費1000円 情報紙の発行・発送費用となります。
■入会金無
各活動参加費は別途必要です。
■入会の申込みはメ−ルでどうぞ。



多くの人々と知り合い、楽しく音楽の勉強を続けたいとお思いになられた方は、ぜひご入会なさいませんか。
ご一緒にいろいろな事にチャレンジしてみましょう。
きっと新しい何かが始まります。



ポロニア・ネットワ−クについて

◆活動についてのご質問・お問い合わせ・入会申込み◆

下記メ−ルアドレスで事務局までいつでもどうぞお気軽にご連絡下さい

info@polonianwk.org